痔にアルコールはタブー!飲み過ぎは痔の悪化を助長する!?

  • LINEで送る

No.19-001

痔のつらい症状を改善、予防するには、痔の種類に合った適切な治療を完治するまで継続して行うと共に、痔の原因となりうる生活習慣や生活環境を改善していくことがポイントとなります。

また、食生活の中でも痔の原因となる食品を控える必要があるのですが・・・
痔の症状を悪化させてしまう食品の一つとしてアルコールが挙げられるのです。

アルコールを好まれる方にとって、アルコールくらい好きに飲ませて!と思ってしまいますね。

しかし何故、アルコールが痔を悪化させてしまうのか?
詳しく紹介します。

スポンサードリンク

アルコールの飲み過ぎで痔を悪化させてしまう理由とは!?

痔の症状を悪化させてしまう原因の一つに、アルコールの摂取が挙げられます。

アルコールを飲むと血行が良くなるので、適度に飲む分には痔に効果的なのでは?と思われる方も少なくないでしょう。

確かに、アルコールを適度に飲むことで血行は良くなります。

しかし、その後が問題となってくるのです。

飲酒直後というのは、アルコールが体内を巡り血行が良くなります。
しかし、3~4時間程経過すると、今度は血管を痙攣させ収縮するよう作用してしまうのです。

この血管の収縮が痔にとっては逆効果。

肛門の周りにある毛細血管が収縮してしまうことで、うっ血を起こしやすくなってしまう為、結果的に痔の症状を悪化させやすくなってしまうのです。

また、アルコールを飲むと便通が良くなるという方も少なくありませんが、これは、アルコールによって膵臓が刺激され膵液の分泌量が増える為。

膵液が増えてしまうと、便通が良くなるどころか場合によっては下痢になってしまう可能性もあり、下痢をしてしまうことで肛門に負担が掛かり痔の症状を悪化させやすくなってしまうのです。

まとめ

アルコールは適度に摂る分には、身体にとって有用だと言われていますが、痔にとってはあまり宜しくないというのが正直なところ。

しかし、アルコールを嗜む方にとって、痔の症状を悪化させるからと全く飲めなくなるのは楽しみを取られたような気分になってしまいますね。

痔にお悩みの方の場合、アルコールの摂取は控える方が良いというのは間違いないことですが、やっぱり飲みたい・・・という方は、飲酒量を控え飲みすぎない、飲酒頻度を下げるなど工夫しながら楽しまれることをおすすめします。

但し、出血が多い、痛みが強いなど痔の症状が悪化している際は、たまにとはいえ、改善されるまでは控えておく方が安心ですので、症状が強い時だけは我慢しておきましょう。

ピーチラックは痔に効くのか?いぼ痔に悩む管理人が飲んでみた

お恥ずかしい話、管理人の私は去年、3回も痔になりました。
さらにトドメを刺すように今年、痔が再発。

いわゆる、いぼ痔なんですが、とにかくめちゃくちゃ痛い・・・
もうね。痔には毎度悩まされっぱなしで・・・

正直な所、病院には行きたくなかったんですよね。
理由は検査の時にすごく恥ずかしい思いをするから。
そして痛い・・・

ピーチラック乙字湯(おつじとう)は病院に行きたくなくて痛い思いをしている時に飲んだ痔の薬。

6種類の生薬が配合された漢方薬ですが痔の改善に効果はあったのか?
果たしてその結果は!

  • LINEで送る

このページの先頭へ