痔に効くのはどっち?ボラギノールVSブリザエース、痔の市販薬の効果と効能

No.06-001

痔の症状を緩和する効果があるとして、痔の応急処置に適した市販薬。

一口に痔の市販薬といっても、薬局やドラッグストアを除くとその数に驚くと共にどれを使って良いのか分からないという方も少なくありませんね。

また、一口に痔の市販薬と言っても、市販薬の中にも複数のタイプがあり、それぞれのタイプと特徴は以下の通りとなります。

薬のタイプ 特徴
軟膏(塗り薬) 肛門よりも外側の痔に適した薬
注入軟膏 肛門よりも外側の痔に塗る、又は、お尻に注入して使う両用タイプの塗り薬
肛門よりも内側、外側、どちらにも使うことのできる
坐剤 肛門に挿入し、直腸内の体温によって溶けることで肛門よりも内側の痔にアプローチする薬
肛門よりも内側の痔に適している
内服薬(飲み薬) 痔の症状を緩和させるよう作用してくれる成分が含まれた飲み薬
どのタイプの痔にも適用

それぞれのタイプの痔に合った市販薬を選ぶことをおすすめします。

以下では、痔の応急処置として優秀な作用を持つ代表的な2種類の市販薬とそれぞれの特徴について紹介しますので是非、ご参照下さい。

スポンサードリンク

ボラギノール

ボラギノール

「痔に~は♪」でお馴染みのボラギノール。

ボラギノールと言えば痔の薬、痔の薬と言えばボラギノール、と言っても過言ではない程、痔の市販薬としては定番中の定番です。

とはいえ、ボラギノールだけでも複数種類があり、使い方もそれぞれ違います。

ボラギノールの種類と主な特徴

軟膏
注入軟膏
坐剤
飲み薬
薬品名 効能

ボラギノールA
ボラギノールA

いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
特徴
炎症抑制効果の高い「プレドニゾロン酢酸エステル」というステロイド性抗炎症成分を使用していますので、炎症に対しての効果が高い反面、長期間使用することで皮膚が薄くなったり赤くなったりする可能性もありますので注意が必要です。
肛門よりも外側の痔の応急処置として適しています。
薬品名 効能

ボラギノールM
ボラギノールM

いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
特徴
ステロイド性抗炎症成分は使用されておらず、「グリチルレチン酸」という成分によって痔による炎症を和らげてくれますので、長期間の使用で起こるリスク少なくなります。
肛門よりも外側の痔の応急処置として適しています。
薬品名 効能

ボラギノールA注入軟膏
ボラギノールA注入軟膏

いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
特徴
炎症抑制効果の高い「プレドニゾロン酢酸エステル」というステロイド性抗炎症成分を使用していますので、炎症に対しての効果が高く、肛門よりも内側、外側、どちらにも使うことのできるタイプのお薬です。
日本人のおしりに合わせた形状で作られている為、初めての方でも使いやすく、また、1回限りで使いきるタイプな為、衛生面も安心です。
但し、ステロイド性抗炎症成分を使用していますので長期間の使用は皮膚が薄くなったり赤くなったりするリスクが伴う為、注意が必要です。
薬品名 効能

ボラギノールA坐剤
ボラギノールA坐剤

いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
特徴
炎症抑制効果の高い「プレドニゾロン酢酸エステル」というステロイド性抗炎症成分配合のお薬で、肛門よりも内側の痔に適しています。
直腸内の温度(約37℃)で素早く溶け、患部全体に広がりますので患部に直接届くよう無理矢理挿入しなくても問題ありません。
但し、ステロイド性抗炎症成分を使用していますので長期間の使用は皮膚が薄くなったり赤くなったりするリスクが伴う為、注意が必要です。
薬品名 効能

ボラギノールM坐剤
ボラギノールM坐剤

いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
特徴
ステロイド性抗炎症成分は使用されておらず、「グリチルレチン酸」という成分によって痔による炎症を和らげてくれるお薬で、肛門よりも内側の痔に適しています。
直腸内の温度(約37℃)で素早く溶け、患部全体に広がりますので患部に直接届くよう無理矢理挿入しなくても問題なく、また、ステロイド性抗炎症成分が使われていないことで、長期間の使用によって起こるリスクが軽減されます。
薬品名 効能

内服ボラギノールEP
内服ボラギノールEP

痔核(いぼ痔)、きれ痔、痔出血
特徴
「ボタンピ(牡丹皮)」「セイヨウトチノキの種子」「シコン(紫根)」という3つの生薬が配合された内服タイプのお薬です。
痔核(いぼ痔)やきれ痔の原因となる直腸肛門部の血液循環障害を改善する効果に加え抗炎症作用、痔核(いぼ痔)、きれ痔による痛み、出血、はれ、かゆみなどの症状を改善するよう働きかけます。
どのタイプの痔にも適していますので、外用薬との併用もおすすめです。

プリザエース

プリザエース

ボラギノールと並び、痔の薬としては主流となるプリザエース。
プリザエースにも、複数種類が存在し、使い方もそれぞれ変わります。

プリザエースの種類と主な特徴

軟膏
注入軟膏
坐剤
飲み薬
薬品名 効能

プリザエース軟膏
プリザエース軟膏

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和及び消毒
特徴
痔による炎症を抑える8種類の有効成分によって痔のつらい痛みや急な出血に効果を発揮します。
スーッとする心地良い使用感があるのも特徴で、肛門よりも外側の痔に適しています。
薬品名 効能

プリザクールジェル
プリザクールジェル

いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
特徴
かゆみを鎮める「クロルフェニラミンマレイン酸塩」という成分や腫れを抑える「塩酸テトラヒドロゾリン」などを配合したステロイドが使われていないお薬です。
ヒンヤリとしたクールな使用感がある為、痛みや出血にももちろん効果的ですが、かゆみや腫れの症状が強い肛門よりも外側の痔に適しています。
薬品名 効能

プリザエース注入軟膏T
プリザエース注入軟膏T

注入時/きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
塗布時/きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和及び消毒
特徴
肛門よりも内側、外側、どちらのタイプの痔にも使うことの出来る軟膏タイプのお薬です。
回使い切りタイプなので、衛生面も安心。
また、スーッとした使用感があるので、かゆみや腫れが強い時にもおすすめです。
薬品名 効能

プリザエース坐剤T
プリザエース坐剤T

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
特徴
炎症を抑える「ヒドロコルチゾン酢酸エステル」や痛みの症状を緩和する「リドカイン」出血を抑制する「塩酸テトラヒドロゾリン」など7種類の有効成分配合でつらい痛みや急な出血に対処します。
スーッとした使用感で、肛門の内側の痔に効果的です。
薬品名 効能

プリザエース坐剤S
preser_zazai_s

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
特徴
炎症を抑える「ヒドロコルチゾン酢酸エステル」を始めとした有効成分配合で、肛門よりも内側の痔の症状に効果を発揮します。
プリザエース坐剤Tよりもやや穏やかな効き目となる特徴があります。
薬品名 効能

プリザ漢方内服薬
プリザ漢方内服薬

痔核(いぼ痔)、きれ痔、便秘、軽度の脱肛など
特徴
トウキ、サイコ、オウゴン、カンゾウ、シュウマ、ダイオウといった便秘や痔に効果的な生薬が配合された漢方主体の内服薬で、痔のつらい症状を内側からケアするよう作用します。
基本的にはどのタイプの痔にも効果的ですが、特に便秘がちな方におすすめです。また、外用薬と併用されても良いでしょう。

ボラギノール VS プリザエース 痔に効く市販薬はどっち!?

ここまで、痔に効く市販薬として、代表的な2つの市販薬を紹介してきましたが、応急処置として使えるのはどちらなのでしょう。

ボラギノールとプリザエース、使われている成分にやや違いはあるものの効能に関してはどちらもほとんど変わらないというのが正直なところでしょう。

それぞれの違いとしては・・・

痔に効く有効成分をシンプルに配合しているのが「ボラギノール」
痔に効く有効成分にプラスα使用感にもこだわっているのが「プリザエース」

といったところでしょうか。

痔の症状を緩和させる効果としては、どちらも効果的ですし差はありませんが、おすすめとしては、

出血や痛みなどが強くシンプルに使いたい方は「ボラギノール」、
かゆみや腫れなどの症状が強く、患部をスーッとさせたい方は「プリザエース」

を選ぶと良いでしょう。

ピーチラックは痔に効くのか?いぼ痔に悩む管理人が飲んでみた

お恥ずかしい話、管理人の私は去年、3回も痔になりました。
さらにトドメを刺すように今年、痔が再発。

いわゆる、いぼ痔なんですが、とにかくめちゃくちゃ痛い・・・
もうね。痔には毎度悩まされっぱなしで・・・

正直な所、病院には行きたくなかったんですよね。
理由は検査の時にすごく恥ずかしい思いをするから。
そして痛い・・・

ピーチラック乙字湯(おつじとう)は病院に行きたくなくて痛い思いをしている時に飲んだ痔の薬。

6種類の生薬が配合された漢方薬ですが痔の改善に効果はあったのか?
果たしてその結果は!

このページの先頭へ