痔は市販薬では治らない?病院へ行くべき症状と治療について

  • LINEで送る

No.04-001

痛みやかゆみなど症状は様々ですが、放っておいても良くなることのない痔。

発症する部位が部位だけに、病院へ行くことに抵抗を持たれる方も多いですね。

痔といえば、テレビCMなどでも見かける市販薬がありますが、市販薬だけで完治させることは可能なのでしょうか?

また、病院へ行くべき症状はあるのでしょうか?

病院へ行くべき痔の症状と病院での治療について紹介します。

スポンサードリンク

痔の症状を緩和させる市販薬、完治は難しい!?

痔の市販薬といえば・・・テレビCMでもよく見かけますね。

一口に市販薬といっても痔の症状に対する市販薬は大きく分けて2タイプあります。

軟膏タイプ

肛門よりも外側に塗布したり、市販薬の種類によっては肛門内に注入できるものもあります。

座薬タイプ

肛門よりも内側の痔に効果的なタイプで、肛門内に挿入することで薬剤が溶け辛い痔の症状を緩和する効果があります。

痔の市販薬というと、この2タイプが一般的によく見られる市販薬となりますが、パッケージを見て頂くと分かる通り、痔の市販薬はあくまでも「痔の症状を緩和させるよう作用」するお薬です。

つまり、市販薬を使うことで痔の辛い症状を和らげることは可能ですが、市販薬で完治を目指すのは難しいというのが正直なところですね。

辛い痔の症状、どのタイミングで病院へ行くべき?

痔の治療の為に病院へ行くというのは、初めての方の場合どうしても抵抗を持たれる方が多いですね。

しかし、痔の症状は放っておいて治るものではありませんし、放置期間が長ければ長い程、症状は悪化しやすく完治までの期間が掛かってしまう傾向にあります。

その為、痔になってしまったらなるべく早めに病院を受診することが早期完治には有効です。

また、すぐには病院へ行けないという場合には、応急処置として市販薬を使う方法もありますが、市販薬で完治させるのは難しくなりますので、あくまでも市販薬は症状を緩和させる応急処置として考え、病院を受診されることをおすすめします。

病院での痔の治療、どんなことをするの?

痔の症状にお悩みの方の中には、まだ、痔の治療として病院へ行ったことがなく不安を持たれている方も多いですね。

痔の治療とは、具体的にどのようなことをするのでしょう?

詳しくは「病院で痔の治療、どんなことをされる!?病院での治療について」にて紹介しますので、ここでは簡単に紹介していきましょう。

痔の治療は、基本的に「肛門科」を受診します。

診察手順としては、問診→視診・触診→今後の治療方針の説明となります。

問診では、痔の症状についてのことはもちろん、これまでの病歴や家族の病歴、服用中の薬剤やアレルギー、女性の場合には妊娠の有無など、他の病院の初診で行われる問診と何ら変わりありません。

また、視診・触診では、実際に患部を診察してもらうことになりますが、一般的に下着を少しずらして横向きに寝ている状態での診察となりますので「思っていたよりも抵抗なく受けられた」という感想を持たれる方がほとんどです。

視診・触診後は、これからどのような治療を行うかについて医師から説明がありますので、疑問点や不安なことがある場合は、この時に聞いてみましょう。

ピーチラックは痔に効くのか?いぼ痔に悩む管理人が飲んでみた

お恥ずかしい話、管理人の私は去年、3回も痔になりました。
さらにトドメを刺すように今年、痔が再発。

いわゆる、いぼ痔なんですが、とにかくめちゃくちゃ痛い・・・
もうね。痔には毎度悩まされっぱなしで・・・

正直な所、病院には行きたくなかったんですよね。
理由は検査の時にすごく恥ずかしい思いをするから。
そして痛い・・・

ピーチラック乙字湯(おつじとう)は病院に行きたくなくて痛い思いをしている時に飲んだ痔の薬。

6種類の生薬が配合された漢方薬ですが痔の改善に効果はあったのか?
果たしてその結果は!

  • LINEで送る

このページの先頭へ