病院で痔の治療、どんなことをされる!?病院での治療について

  • LINEで送る

No.13-001

痔の症状は、セルフケアや市販薬を用いて緩和させることは出来ても、完治させるというのは難しいというのが正直なところです。

痔を完治させるには、病院で治療を行う必要があるのですが・・・
痔の患部は、部位が部位だけに病院へ行くことに抵抗を持たれている方も多いですね。

また、どんな治療をされるのか、症状として既に痛みがある方の場合は特に、痛みを伴う治療があるのではないかと不安を感じなかなか病院への一歩を踏み出せずにいる方も少なくないでしょう。

そこで、痔の症状を病院で治療する場合、どんなことをされるのか?
痔の病院での治療について詳しく紹介します。

スポンサードリンク

受診科目は「肛門科」初診で行う3つの工程

病院で痔の治療を行う場合、診療科目は「肛門科」を受診します。

病院によっても多少の差はあるものの、初診では3つの工程が行われます。

問診

これは、どの病院へ行っても同じですね。

痔の症状についてはもちろん、これまでの病歴や家族の病歴、服用中の薬剤やアレルギー、女性の場合は妊娠の有無など基本的なことを聞かれます。

視診・触診

診察室に入ると、痔の診察を行います。

この診察に抵抗を持たれる方が多いのですが、実際にはベッドに横向きになった状態で下着を少しずらすだけですので、「想像していたよりも抵抗なく受けられた」という感想を持たれる方がほとんどです。

また、触診の際、症状として既に痛みが伴っている場合、触診により更に痛みが強くなるのでは?という不安を持たれている方もいますが、相手は専門医ですので、痛みの有無や程度も理解していますし、痛みのないよう麻酔薬の入ったゼリーを塗ってから行いますので触診で強い痛みを伴う心配はありません。

今後の治療方針

視診、触診の後は、これからの治療方針を決めていきます。

一口に痔の治療といっても、痔の種類や症状によって治療方針は大きく変わります。

基本的な治療法としては、保存療法と外科的療法の2つに分かれます。

保存療法

生活習慣の改善と同時に外用薬や座薬などといった薬物療法を行い、痔の完治を目指します。

外科的療法

痔の症状が重症である場合や保存療法を続けていても完治が見込めない場合、手術を行い痔の完治を目指します。

まとめ

以上が、病院での治療の大まかな内容となります。

前述した通り、痔の治療は「肛門科」で行いますが、女性の場合、婦人科の受診を検討されている方もいますね。

婦人科でも痔の治療は可能ではあるものの、痔の症状や種類によってはやはり専門医でないと対応が難しいというケースも珍しくありませんし、場合によっては肛門科を勧められることもあります。

いずれにしろ、肛門科の受診が必要となった場合、どうしても遠回りとなってしまいますので、始めから専門医のいる肛門科を受診されることをおすすめします。

ピーチラックは痔に効くのか?いぼ痔に悩む管理人が飲んでみた

お恥ずかしい話、管理人の私は去年、3回も痔になりました。
さらにトドメを刺すように今年、痔が再発。

いわゆる、いぼ痔なんですが、とにかくめちゃくちゃ痛い・・・
もうね。痔には毎度悩まされっぱなしで・・・

正直な所、病院には行きたくなかったんですよね。
理由は検査の時にすごく恥ずかしい思いをするから。
そして痛い・・・

ピーチラック乙字湯(おつじとう)は病院に行きたくなくて痛い思いをしている時に飲んだ痔の薬。

6種類の生薬が配合された漢方薬ですが痔の改善に効果はあったのか?
果たしてその結果は!

  • LINEで送る

このページの先頭へ