痔の治療ではどんな薬が使われるの?よく使われる薬剤の効果と効能

  • LINEで送る

No.14-001

病院で痔の治療を行う場合、痔の症状や重症度によって異なるものの、基本的には保存療法といって生活習慣の見直しと外用薬や座薬などを用いた薬物療法で様子を見るのが一般的です。

そこで、痔の治療で使われることの多い薬について紹介していきましょう。

スポンサードリンク

痔の投薬治療で用いられる薬剤一覧

薬のタイプ よく処方される薬剤名
軟膏(ステロイドを含む) ネリクロプト・プロクトセディル・ヘモレックス・強力ポステリンザンテーブルデータ
軟膏(ステロイドを含まない) ポラザG・ポステリザン・ボラギノールN
坐薬(ステロイドを含む) ネリクロプト・プロクトセディル・ポステリザンF
坐薬(ステロイドを含まない) ポラザG・ヘルミチンS・ロートエキスタンニン・ポステリザン・ボラギノールN
消炎剤(内服薬) ヘモナーゼ・エスベリペン・タカベンズ
血液循環改善薬(内服薬) サーカネッテン・ヘモリンガル舌下錠
トリベノシド製剤(内服薬) ヘモクロン
便秘改善薬(内服薬) マグネシウム・漢方薬

痔の薬というと軟膏や坐薬といった薬のみと思われがちですが、実は、内服薬を同時に処方されるケースも少なくありません。

また、痔の症状以外にも便秘の症状がある方の場合、便秘改善薬を処方されることが多いのですが、痔の症状を悪化させない為に、直接腸を刺激するタイプの便秘改善薬ではなく便に水分を増やし柔らかくするよう作用するマグネシウムや効き方が穏やかな漢方薬を処方されるのが一般的です。

直接腸を刺激してしまうタイプだと、痔を悪化させてしまう可能性があるからだと考えて良いでしょう。

処方された薬を使っても改善されない場合は!?

病院での投薬治療として処方された薬を使っても痔の症状が改善されないというケースは、決して珍しいことではありません。

どの薬も基本的に即効性はない為、使ったからすぐに治るというのは正直難しいところです。

但し、次の診察までに症状が全く変わらない場合は、医師にその旨を伝えましょう。

また、処方された薬を使い始めてから、痔の症状が悪化してしまったという場合には、すぐに使用を中止し病院へ行く、若しくは問い合わせることをおすすめします。

痔の治療として使われる薬は、痔の症状を改善、または、緩和させるよう作用するものですが、中には薬自体が合わないというケースもありますので、「使い続ければ良くなるかもしれない」と自己判断で使い続けるのは辞めましょう。

他にも、薬を使ってみて気になる点がある場合には、主治医または薬剤師に相談されることをおすすめします。

ピーチラックは痔に効くのか?いぼ痔に悩む管理人が飲んでみた

お恥ずかしい話、管理人の私は去年、3回も痔になりました。
さらにトドメを刺すように今年、痔が再発。

いわゆる、いぼ痔なんですが、とにかくめちゃくちゃ痛い・・・
もうね。痔には毎度悩まされっぱなしで・・・

正直な所、病院には行きたくなかったんですよね。
理由は検査の時にすごく恥ずかしい思いをするから。
そして痛い・・・

ピーチラック乙字湯(おつじとう)は病院に行きたくなくて痛い思いをしている時に飲んだ痔の薬。

6種類の生薬が配合された漢方薬ですが痔の改善に効果はあったのか?
果たしてその結果は!

  • LINEで送る

このページの先頭へ